教えて女性のキレイと健康『生活習慣病とは...』

女性のキレイと健康をサポートするダイエット指導員による『内臓脂肪と病気の関係』の解説。内臓脂肪型肥満と皮下脂肪型肥満の違い。体脂肪が溜まる理由。メタボリックシンドロームとは?リバウンドを防ぐ方法などについて図解入りで解説します。

スワンでは健康管理士一般指導員(日本成人病予防協会認定)や生活習慣病予防指導士(日本ホリスティック医学協会認定)による健康相談を行っています。

 

リバウンドしないダイエット・エステ17.png

 

肥満であっても、それが皮下脂肪による場合は、ある程度は大丈夫。
しかし、痩せていても内臓脂肪が多い場合は、生活習慣病の危険性が高いのです。

 

『生活習慣病とは...』

生活習慣病とは、悪い生活習慣を続けることによっておこる病気の総称です。

以前は「成人病」と呼ばれ、成人(中高年)になるとかかってしまう病気と考えられていましたが、成人病は食生活、運動、ストレス、睡眠、喫煙、飲酒などといった生活習慣に大きく影響されていることがわかり、「生活習慣病」といわれるようになりました。
つまり、「生活習慣病」は成人になるとかかってしまう病気ではなく、「その人の心がけや生活習慣しだいで予防が可能な病気」なのです。

第二次世界大戦後、日本人の死因は“うつる病気”(感染症疾患)から“つくる病気”(生活習慣病)に変化してきました。

 

CapD20150924_1.jpg

 

心疾患と脳血管疾患は、動脈硬化、高血圧、脂質異常症、糖尿病が大きな危険因子ですが、内臓脂肪型肥満だと、これらの病気に大変かかりやすくなります。

 

▲教えて女性のキレイと健康『肥満と生活習慣病』一覧に戻る

 

リバウンドしないダイエット・エステ9.png

 

<< | 1 | 2 | 3 | 4 | >>

■内臓脂肪と病気の関係

⇒1.生活習慣病とは...

⇒2.内臓脂肪がたまると何故危険なの?

⇒3.メタボリックシンドロームとは...

⇒4.内臓脂肪型肥満が引き起こす病気

 

 

  ▲ページ最上部に戻る
  ▲トップページへ戻る