教えて女性のキレイと健康『メタボリックシンドロームとは...』

女性のキレイと健康をサポートするダイエット指導員による『内臓脂肪と病気の関係』の解説。内臓脂肪型肥満と皮下脂肪型肥満の違い。体脂肪が溜まる理由。メタボリックシンドロームとは?リバウンドを防ぐ方法などについて図解入りで解説します。

スワンでは健康管理士一般指導員(日本成人病予防協会認定)や生活習慣病予防指導士(日本ホリスティック医学協会認定)による健康相談を行っています。

 

リバウンドしないダイエット・エステ17.png

 

肥満であっても、それが皮下脂肪による場合は、ある程度は大丈夫。
しかし、痩せていても内臓脂肪が多い場合は、生活習慣病の危険性が高いのです。

 

『メタボリックシンドロームとは...』

メタボリックシンドロームとは「内臓脂肪による肥満」の人が、軽症でも「脂質異常症」「高血圧」「高血糖」といった動脈硬化の危険因子を併せ持っている状態のことです。
これら危険因子の重複により、脳血管障害や虚血性心疾患になる危険性が高くなります。

※40〜74才で男性の2人に1人、女性の5人に1人がメタボリックシンドロームが強く疑われる者、または、予備軍です。(厚生労働省の2004年国民健康・栄養調査による)

 

リバウンドしないダイエット・エステ18.png
 リバウンドしないダイエット・エステ19.png
リバウンドしないダイエット・エステ20.png
リバウンドしないダイエット・エステ19.png
リバウンドしないダイエット・エステ21.png
※3項目のうち1項目あれば予備軍
リバウンドしないダイエット・エステ22.png
リバウンドしないダイエット・エステ23.png
リバウンドしないダイエット・エステ22.png
リバウンドしないダイエット・エステ24.png
※動脈硬化とは
動脈は、心臓から全身に送り出される血液が通る血管で、健康な動脈は勢いよく流れてくる血液の圧力にも耐えられる弾力を持っています。
しかし、動脈内に悪玉コレステロールや中性脂肪が増えすぎると、動脈が狭くなったり、弾力が減少して硬くなってしまいます。この状態を動脈硬化といい、特に自覚症状はなく、進行すると心臓病や脳血管障害を引き起こします。

 

▲教えて女性のキレイと健康『肥満と生活習慣病』一覧に戻る

 

リバウンドしないダイエット・エステ9.png

 

<< | 1 | 2 | 3 | 4 | >>

■内臓脂肪と病気の関係

⇒1.生活習慣病とは...

⇒2.内臓脂肪がたまると何故危険なの?

⇒3.メタボリックシンドロームとは...

⇒4.内臓脂肪型肥満が引き起こす病気

 

 

  ▲ページ最上部に戻る
  ▲トップページへ戻る