8月の旬の食材

えだまめ

 

大豆の未熟果である枝豆は、豆と野菜両方の栄養的特徴を持っています。大豆並みの栄養価に抗酸化作用のあるビタミンC、β-カロテン、糖質の代謝を助けるビタミンB1が多く含まれているため、疲労物質を取り除き、夏バテを防ぎます。

また、アルコールの解毒作用があるメチオニンやビタミンB1を含んでいるため、ビールとの相性にぴったりです。さらに血中コレステロール値を下げる大豆サポニン、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンを含むので更年期障害の緩和も期待できます。枝豆は、消化吸収があまり良くないので食べ過ぎには注意が必要です。収穫後、どんどん味が落ちていきますので、すぐに食べない時は固ゆでし冷凍保存しておきましょう。

 

 

★疲労回復★ アスパラと枝豆のツナ和え

材料2人前

作り方

アスパラ 2~3本

枝豆   約1/3袋

ツナ缶  1缶

めんつゆ 適量

(おこのみで生姜チューブ)

  1. 枝豆、アスパラは塩ゆでする
  2. アスパラは斜め切りにし、そこに枝豆の実、★をあわせて完成

 

 

 

★夏バテ★ きゅうりの枝豆ディップ

材料2人前

作り方

キュウリ  おこのみ

枝豆    おこのみ

もろみ味噌 枝豆の1/3量ぐらい

  1. 枝豆は塩ゆでし、豆だけを取出しジップロックに入れ叩き潰す
  2. 1にもろみ味噌を入れ、揉み合わせる
  3. きゅりは板ずりし、斜め切りする
  4. 2、3をお皿に盛り完成